肝斑?シミ見分け方それから肝斑治療そしてお顔のシミ取りクリーム


顔のシミを消す方法には自分のお顔のシミがどのシミなのか肝斑なのか?シミを見分ける方法が大事です。
シミの診断・特定には皮膚科医の診察が必要です。
ご自身で確認するためのいくつかのポイントはありますが
最終的にどのシミのタイプか肝斑かは皮膚科専門医師に診断してもらいましょう。
むやみやたらに顔のシミ取りクリームを塗ったりせず専門家に判断してもらいましょう。
お顔のシミ取りクリームを塗ったところで肝斑の治療にはなりません。
肝斑?シミの見分け方
@日光黒子(老人性色素斑)は、シミの中でもっとも多いといわれます。
紫外線が主な原因とされ、顔や腕など肌の露出部分に多く生じる褐色のシミです。

Aそばかす
直径2〜3ミリの褐色斑で、顔に多く生じます。
遺伝傾向が強く、一般的に3歳頃から発症して思春期に顕著となります。

B炎症後色素沈着
ニキビや化粧品などによる炎症が治ったあとに生じる褐色のシミです。
年齢、性別を問わず現れます。

C対称性真皮メラノサイトーシス
灰褐色から黒褐色の色素斑で、ほほでは点状に、額ではある程度広がりをもって生じます。両ほほに生じた場合、肝斑と見間違うこともあるシミです。
成人以降の女性に見られます。

D肝斑(カンパン)
0〜40代の女性によくできるといわれており、
頬 骨や鼻の下あたり、額に左右対称にできるシミ。
妊娠中や経口避妊薬(ピル)を服用中にできたりもするので
紫外線だけでなく女性ホルモンが影響しているといわれています。続きを読む
posted by 30代限定の化粧品口コミレビュー at | しみ・シミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミを消すには夏にはカバー力のあるリキッドファンデーションカバーマーク ジャスミンカラー


しみを消す化粧品というかシミを消すには消すのは無理でも目立たなくするにはやはり
カバー力のあるリキッドファンデーションが救世主でしょう。
私の職場は年配の女性の方が多いです。
少し年齢の行ったおねえ様方が言うには「若い時にカバーマークのファンデーションを使ったらもう他が使えなく
なるからまだ使わんとき〜」です。

やはりカバーマークはシミを消す(隠す)には最適のようですね。
カバーマーク ファンデーション 口コミで調べてみると
カバー力のあるリキッドファンデーションはカバーマーク<ジャスミーカラー>エッセンスファンデーション リキッド
日焼け止め効果も高く、伸びもよく少量ですむのでコスパがいいです。
カバーマークラインのコンシーラーと合わせて使ったらさらにカバー力が増します。

そしてカバーマーク 激安とはいわないものの
8月1日からカバーマーク ソフト<ES>パクト トライアルセット発売です。
税込み3675円でソフト<ES>パクトで現品、専用スポンジ、オリジナル巾着がついての
カバーマーク 激安 商品。続きを読む
posted by 30代限定の化粧品口コミレビュー at | しみ・シミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔のシミの種類は皮膚科で知って美白ケア美肌は韓国コスメが人気


シミ・そばかすに種類があるのはご存知ですか?
太田母斑【おおたぼはん】といいます。
額、目のまわり、頬などにある茶褐色〜青色のアザです。
生後間もなく出現するものと、思春期ごろにできるものがあります
目の下の隈と思われている場合がありますが実は太田母斑であることもあります。
レーザー治療で取ることができます。
老人性色素斑【ろうじんせいしきそはん】
紫外線が原因となってできる。若い頃から日焼けをしていた人ほどできやすい。また、頬骨など紫外線の当たりやすい部分に出来やすい。境目のはっきりしない初期のものは美白化粧品などで薄くすることもできるが、形がはっきりしているものはレーザー治療でないと取れにくいそうです。
顔のしみ・そばかすのを皮膚科で見てもらい種類を知って治療
することをお勧めします。
また最近、手作り化粧品も人気ですよね美白美容液も手作りできるようです。美白には絶対アロエベラです!!
あと韓国女性の美肌作りから韓国コスメも注目されています。

DERMAL(ダーマル) ホワイト コラーゲンフェイスパック (23g) [28枚セット]送料無料!韓国コスメ
続きを読む
posted by 30代限定の化粧品口コミレビュー at | しみ・シミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝斑にはトランシーノの効果・口コミ紹介


トランシーノは肝斑というしみには効くそうです。
肝斑(かんぱん)とは30〜40代の女性によくできるといわれており、
頬 骨や鼻の下あたり、額に左右対称にできるシミ。
妊娠中や経口避妊薬(ピル)を服用中にできたりもするので紫外線だけでなく女性ホルモンが影響しているといわれています。
過度なマッサージ(洗顔時のごしごし洗いなど気をつけましょう)など物理的な刺激も控えましょう。
治りにくいとされるシミの一種です。
レザー治療はシミを濃くしてしまう場合があるので不向きです。

第一三共から出ているトランシーノという飲み薬が肝斑(かんぱん)
には効果的とされています。
個人差はありますが、服用は成人(15歳以上)1回2錠を朝昼晩の食後です。
2ヶ月継続すると肝斑に効果がでてくるでしょう。とメーカーHPでは紹介されています。
続きを読む
posted by 30代限定の化粧品口コミレビュー at | しみ・シミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。